排出事業者向け

産廃CO₂サービス

建設現場の廃棄物輸送に係る
CO₂排出量を把握!
集計作業の省力化を実現!

産廃CO₂サービス

産廃CO₂サービスとは?

電子マニフェストサービス「e-reverse.com」で
作成したマニフェスト情報から、
産業廃棄物運搬時のCO₂排出量を自動算定するサービスです。

CO₂排出量算定がラクになる!

産廃CO₂サービスの3つの強み

追加入力不要

e-reverse.comの
入力情報から自動で算定!

新たに何かを入力する必要はありません。現場や本社の集計担当者の業務負荷軽減につながります。

詳細把握

CO₂排出量は、
1輸送※1ごとに把握が可能!

CO₂排出量は1輸送※1ごとに算定して提供いたします。支店・現場ごとにも把握ができるので、詳細管理が可能です。

データ管理

日建連への報告・ESG経営や
SDGsへの指標として使用可能!

算定されたデータは、日建連への報告書や、経営指標としても利用できます。

※1:電子マニフェストから同一の運搬車と推測される情報をグルーピングし、1輸送としています。

建設現場の産廃輸送で発生する
CO₂排出量算定で
このような課題はありませんか?

e-reverse.comのCO₂排出量算定支援サービスは
現場の課題解決をサポートします!

産業廃棄物輸送に係る
CO₂排出量の把握がとことんラクになる!

主な機能・できること

追加の入力・操作は不要

産業廃棄物輸送に係るCO₂排出量は、e-reverse.comに入力した情報から自動算定。排出量算定のために、現場や集計担当者が新たに何かを入力する必要はありません。

1輸送ごとの排出量把握が可能

CO₂排出量は1輸送ごとに算定して提供いたします。
支店・現場ごとにも把握ができるので、詳細管理が可能です。

※電子マニフェストから同一の運搬車と推測される情報をグルーピングし、1輸送としています。

日建連の調査や経営指標にも使用可能

ご提供するデータは、日本建設業連合会(日建連)が実施している調査票にも使用が可能です。また、経営指標の一つとしても活用いただけます。

自社システムとも連携可能

データのご提供方法はRest APIにも対応しております。
(通常はcsv形式で提供いたします)。
貴社の既存システムと連携をさせることも可能です。

ご利用の流れ

3ステップでご利用可能!

ご利用のお申込み
お申込みフォームより必要事項を入力ください。
データの集計
毎月10日までに利用登録が完了した場合は、当月1日より集計を開始いたします。
11日以降に利用登録が完了した場合は、翌月1日から集計開始となります。
集計データのご提供

データ集計対象月の翌月中旬に、集計データをお渡しいたします(CSVまたはRest API)。
以降、毎月中旬頃に、前月分の集計データをお渡しいたします。

産廃CO₂サービスのご利用に
あたっては
e-reverse.comを
ご契約いただく必要がございます。

お申込み方法はこちら

まずはお気軽にご相談ください