お知らせ

【電子委託契約Webサービス】Microsoft社のInternet Explorerサポートポリシー変更に関するお知らせ

平素は電子委託契約Webサービス er-contractをご利用いただき誠にありがとうございます。

2016年1月12日をもちまして、Microsoft社の以下の製品のサポートが終了となります。
 ・Windows 8

また、Microsoft社のInternet Explorerサポートポリシー変更のため2016年1月12日以降、
Internet Explorerのサポート対象が以下のようになります。
(※ご利用のOSのバージョンにより異なります。)

<OSのバージョン> <Internet Explorerのバージョン>
Windows Vista Internet Explorer 9
Windows 7 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows 10 Internet Explorer 11

これに伴い、Microsoft社のInternet Explorerサポート対象外となるバージョン
(Internet Explorer7・8・10)は、 er-contractの動作環境対象外とさせていただきます。

動作環境対象外となることですぐに使えなくなるという事はございませんが、
今後の改修において動作確認の対象外となります。

尚、サポート終了日は延長となる可能性もございます。
Microsoft社のInternet Explorerサポートポリシーが適用された翌営業日に
er-contractの動作環境ページから削除し、ホームページのニュースにてお知らせいたします。

◆Microsoft社のサポートが終了するとどうなるのか

対象製品へのセキュリティ更新プログラムの提供が終了するため、
脆弱性(コンピュータまたはネットワーク全体のセキュリティに弱点を作り出すコンピュータソフトウェアの欠陥や仕様上の問題点)が飛躍的に増すので、サポート終了後も該当製品をネットワークに接続して利用することは非常に危険となります。

Microsoft社のInternet Explorerサポートポリシーの変更に関する詳細や対応につきましては
お客様社内のシステム管理者様やMicrosoft社へお問い合わせください。

ご利用のお客様にはご不便をお掛けいたしますが、Microsoft社のセキュリティ強化に向けた対応となりますので、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

最新のお知らせ

検索中