お知らせ

【電子マニフェストWebサービス】【重要】.NET Framework 4.5.2インストール(有効化)のお願い

平素は電子マニフェストWebサービス e-reverse.comをご利用いただき誠にありがとうございます。

Microsoft社のコードサイニング証明書※のポリシー変更に伴い、
2015年11月15日以降は.NET Framework 4.5(もしくは4.5.1/4.5.2)がインストール(有効化)されていないと、e-reverse.comのパソコン版が動作しなくなります。

Windows Vista・7において、下記の手順で.NET Framework 4.5(もしくは4.5.1/4.5.2)インストールの有無のご確認と、インストールされていない場合は.NET Framework 4.5(もしくは4.5.1/4.5.2)のインストールをお願いいたします。
なお、2016年1月12日以降、.NET Framework 4.5及び4.5.1につきましてはMicrosoft社のサポートが終了するため、.NET Framework 4.5.2のインストールを推奨いたします。
 ⇒Windows vistaの.NET Framework 4.5.2確認・インストール手順はこちら
 ⇒Windows 7の.NET Framework 4.5.2確認・インストール手順はこちら

Windows8・8.1・10は標準で.NET Framework 4.5(Windows 10は.NET Framework 4.6)がインストールされていますが、無効化されている場合がございますので、下記の手順で有効化の有無のご確認と、無効化されている場合は.NET Framework 4.5(Windows 10は.NET Framework 4.6)の有効化をお願いいたします。
  ⇒Windows8・8.1の.NET Framework 4.5.2有効化確認手順はこちら
  ⇒Windows10の.NET Framework 4.6有効化確認手順はこちら

Windows XPにつきましては、2014年4月9日をもってマイクロソフト社のサポートが終了しており、2014年03月24日に掲載したお知らせの通り、e-reverse.comでも動作環境対象外とさせていただいております。
また、Windows XPでは.NET Framework 4.5(もしくは4.5.1/4.5.2)のインストールが行えないため、2015年11月15日以降、e-reverse.comのパソコン版をご利用いただけなくなります。
Windows XPを現在ご利用されている場合は、お手数ですが動作環境を満たしていただく様お願い申し上げます。
 ⇒動作環境ページはこちら

※コードサイニング証明書とは、アプリケーションの発行元を証明するものです。

ご利用のお客様にはご不便をお掛けいたしますが、Microsoft社のセキュリティ強化に向けた対応となりますので、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

最新のお知らせ

検索中