取組みのご紹介

各項目をクリックしていただくと対象の取組みへスキップします。

 

お客様とのかかわり

カスタマーサポート部門の運営方針

カスタマーサポート部門の運営方針

弊社サービスの問合せ部門であるカスタマーサポートでは、「迅速な回答」、「定常的な品質の高いサービスの提供」を目指し、下記3点の施策を実施しています。

  • STEP1:お客様の困りごと、要望を的確に把握する
  • STEP2:把握した内容に対する解決策をチーム内で検討・共有する
  • STEP3:頻度の高い困りごとはFAQとして公開し、要望についてはシステムの改修を検討する

社員とその家族とのかかわり

ノー残業デイ実施

弊社では毎週水曜日をノー残業デイとしており、原則19時までに全社消灯・帰宅としています。仕事の生産効率を高めるだけでなく、社員間の交流や家族と過ごす時間、趣味を楽しむ時間など仕事とプライベートのワークライフバランスを保てる様、企業文化の醸成を図って参ります。

認定資格に対する学習・受験費用の援助

社員が希望する資格を取得することで業務の成果や能力・スキル向上につながると各事業部が判断した場合、認定資格として学習・受験費用を会社が負担し、社員の資格取得を応援します。

2014年度取得実績

【企画・営業関連資格】

  • エコ検定
  • CSR検定

【ITサービス関連資格】

  • AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト
  • AWS認定ソリューションアーキテクト プロフェッショナル
  • AWS認定デベロッパー アソシエイト
  • AWS認定システムオペレーション(SysOps)アドミニストレーター アソシエイト
  • JSTQB認定テスト技術者資格Foundation Level

環境とのかかわり

自然観察指導員資格取得

自然観察指導員資格取得

公益財団法人日本自然保護協会では、自然保護教育の手段として指導員養成を行っています。

弊社では、毎年数名が同市動員講座を受講することで自然の仕組みや人と自然のかかわりを理解し、社内で共有しています。

環境教育の受講により、生物多様性の有り方を理解し、多くの自然資本に対してどう向き合っていくべきかを常に考え、私たちの企業活動が与える負の影響を最小限にとどめる努力を続けて参ります。

2014年度資格取得者 5名

太陽光発電

太陽光発電

社会・環境への貢献を志す企業とし、そして企業市民としての責任を果たすべく、私たちは再生可能エネルギーを創出します。

年々深刻化する環境問題や資源問題の解決へ寄与する一つの取組みとして、国内で9,000m²の土地に太陽光発電システムを設定しています。

エネルギー源が無尽蔵かつクリーンであり、石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時にCO2(二酸化炭素)やSOX(窒素酸化物)などの大気汚染物質を発生させることなく、地球温暖化防止に向けたCO2排出量削減に貢献します。

将来世代とのかかわり

中央大学での授業内講演

中央大学での授業内講演

2014年12月中央大学・商学部(多摩キャンパス)において、3,4年生を対象に電子マニフェスト誕生の背景や法制に関する授業内講演を実施しました。

段携わる機会のない廃棄物ビジネスについて双方向的な講演を実施したことで、建設業やIT産業への興味を持たれた学生の方も多く講演を実施した社員も普段とは違ったご質問やご意見をいただくなど、相互によい刺激を得る場となりました。

こども手当の支給

こども手当の支給

弊社は15歳以下の子どもがいる社員に対して、子ども一人につき一定額の手当を支給しています。

背景として、我が国は少子化・人口減少といった問題と同時に、所得格差による子どもの貧困問題が発生しています。

「次代の社会を担う子ども一人ひとりの育ちを応援する」こと及び「子育ての経済的負担を軽減し、安心して出産し、子どもが育てられる」ことを目的に、少子高齢化に対する一つの取組みとして継続して参ります。

地域・社会とのかかわり

世界の医療問題・貧困撲滅に向けて

世界の医療問題・貧困撲滅に向けて

創業以来、イーリバースドットコムでは「国際連合児童基金(ユニセフ)」、「日本赤十字社」、「特定非営利活動法人国境なき医師団」の3団体に対し、毎年支援を続けて参りました。

廃棄物の適正処理やマニフェスト処理に係る労働時間の削減など、 環境は異なれど社会問題の解決に取組むことをミッションとする弊社の体制においては、この継続的な寄付行為はもっとも重要な取組みの一つにあたります。

検索中